2018年 9月 21日 (金)

鑑定団とんだ見立て違い!?2500万円の超レア茶碗のはずが・・・実は1400円のバッタもの

印刷

   12世紀から13世紀の中国南宋時代に焼かれた曜変天目だとして、テレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で2500万円の値がついた茶碗に、「私が作った」と中国の陶芸家・李欣紅さん(61)がクレームを付けた。1400円ほどで、同じものを十数年売ってきたという。

   番組では、徳島市の男性が持ち込んだ茶碗に「福建省の建窯のものにまちがいございません」と太鼓判が押された。虹のような模様で、「茶碗の中に宇宙が見える」という国宝級だそうだ。ところが、直後に陶芸家や研究者から異論が出て、真贋騒動に発展して中国でも報じられた。

   李さんはよく似た茶碗を示しながら、「私の初期の作で、これまで1万点以上を作った。模様は筆で描きだした」「荒唐無稽です」という。瀬戸市の陶芸家、長江惣吉さんは「模様は絵具を塗りつけてあり、どう考えても南宋時代のものではない」と話す。

テレビ東京「鑑定は番組独自の見解。お答えすることはございません」

   テレビ東京は「鑑定は番組独自の見解によるものです。お答えすることはございません」とコメントしている。番組に持ち込んだ男性は「茶碗の所在や行方については一切ノーコメント。自分の宝であることには変わりない」と話している。

tv_20180118121154.jpg

   司会の小倉智昭「あまりにもよくできているものもある。むずかしいですよ、人が鑑定するのだから。テレビ番組なのか、オークションなのか。大きなことがある方がおもしろいからねえ」

   ニュースデスクの笠井信輔「もしかしたら、またひっくり返ることがあるかもしれないですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中