2018年 7月 17日 (火)

イノッチが有働アナと「あさイチ」ダブル降板か? ネット上では名コンビに「ありがとう」コール

印刷

   NHKの朝の看板番組「あさイチ」を有働由美子アナ(48)が3月末で降板するとすでに報道されてきたが、コンビを組んできた司会のV6井ノ原快彦(41)も一緒に3月末で降板するようだ。スポーツニッポンが2018年2月3日に報道した。

   ネット上では、2人に「お疲れさま!」「これまでありがとう!」の感謝コールが巻き起こっている。ただし、NHKでは「現在、検討中。まだ何も決まっていない」(1月11日の上田良一会長の定例会見)としている。

「おふたりの希望なら支持します。お疲れ様でした」

   スポーツニッポンによると、井ノ原は、長年の"相方"有働アナが50代を目前に「プライベートを充実させたい。年齢的にも自分の時間がほしい」と3月末で番組を降りることを決意したことを受け、自分も降板を申し出たという。2人は番組開始時の2010年春から司会を担当。「セックスレス」「更年期」など、どんな大胆なテーマでも本音で語る有働アナと、それを柔らかく受け止める井ノ原のやりとりは人気を集めた。番組関係者は「民放の情報番組から視聴者を取り込むことができたのも2人のおかげ」と指摘する。

   国民的な「朝の顔」として親しまれた名コンビの「同時降板」報道に、ネット上ではこんな声が相次いでいる。

「2人の掛け合いが面白かったのに非常に残念」
「有働さんとイノッチのいないあさイチなんて、古い言い方だけど、クリープの入っていないコーヒーみたい」
「おふたりの希望なら支持します。お疲れ様でした。ずっと幸せで、笑顔でいてください」
「2人同時に見られなくなるなんて、悲しすぎる。でも2人はコンビだったわけだから」
「ひとつの時代が終わったなという感慨だ」

テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中