2018年 11月 14日 (水)

平昌五輪の日本人メダル第1号、モーグルの原大智選手は「我慢、我慢、我慢して報われる」

印刷

   平昌(ピョンチャン)五輪の日本人メダル第1号は男子モーグルの原大智選手(20)だった。ゴールを駆け抜けると、結果を待つように「頼む、頼む」と手を合わせて祈るようなしぐさをしていた。タイムは24秒90、銅メダルに決まった。

   表彰式後に「メダルをやっと取れたので、嬉しい気持ちしかありません。失敗する気はしませんでした」と喜びを語った。

   東京・渋谷の生まれ。モーグルは小学校6年生からだ。中学卒業後にモーグルの本場、カナダへスキー留学、帰国後のいま大学1年生だ。2016年W杯からトップ10入りが増えてきたが、これまでの最高は4位だった。

母の由美さんは「予選も通ると思っていなかった」と感激

tv_20180213104313.jpg

   両親も予想外で、母親の由美さんは「予選も通ると思っていなかった」といい、父親の勇樹さんも「本当によくやってくれた。それしか言いようがない」と話す。

   原は現地のスタジオに生出演した。司会の加藤浩次が聞く。「ゴールした瞬間にガッツポーズしていましたが、完璧だったと思ったのですか」

   原「自分のベストができたと思ったので、そうなったのだと思います」

   加藤「その時、点数を待っているときに、祈るようなポーズをしていました」

   原「金メダルだったかと思ったのですが、それかどうか、よくわからなかったので」

   加藤「会場のコースはどうだったですか」

   原「自分に合っていると思いました。コブがとんがっているので、自分には滑りやすかったです」

   加藤「日本に帰って一番したいことは何ですか」

   原「ベッドで休みたいです」

   加藤「日本のファンの方にメッセージをお願いします」

   原「努力は我慢して、我慢して、我慢して報われるということが、今回本当に身にしみたので皆さんも努力を続けて下さい」

   20歳とは見えないぐらい落ち着いたニューヒーローだった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中