スノボー「平野歩夢」絶対王者は強かった!跳ね返され『銀』

印刷

   平昌オリンピック・スノーボードハーフパイプ決勝は14日(2018年2月)午前に行なわれ、アメリカのショーン・ホワイト(31)が貫録を見せて97・75点で金メダル、挑戦者の平野歩夢(19)は95・25点の高得点を出したが、絶対王者に跳ね返され銀メダルだった。

   直前に放送された「ビビット」で、ゲストのプロスノーボーダー田中幸は「平野選手は『ダブルコーク1440』が公開されている最高難度ですが、ショーンはそれを上回る技を出してくるのではないか」と見ていた。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中