2018年 9月 26日 (水)

トランプ「一番の大ウソ」オレは走るの得意!これほど信じられない発言はないね・・・スティーブン・コルベア痛烈皮肉

印刷

   アメリカ・フロリダ州の高校で起きた銃乱射殺傷事件の犠牲者の遺族を前に、「教師に銃を持たせろ」と言って顰蹙をかったトランプ大統領だが、「もし私なら、武器を持ってなくても、(生徒たちを守るために)建物内に駆け込んだよ」などとも話していた。

   乱射現場に武装した保安官代理が駆けつけていながら、屋外で待機し校舎内に突入しなかったことへの非難だ。あまりにも乱暴な発言に、テレビ場やネットで批判やジョークのネタにされている。

「ベトナム戦争時に5回も徴兵回避」逃げるのは速い

   人気コメディアンでテレビ番組「レイトショー」のホストのスティーブン・コルベアもこの発言を取り上げ、痛烈に皮肉った。その映像がYouTube(ユーチューブ)に掲載されると、1日で200万回以上視聴されるなど、大いに注目を集めている。

   「突入」発言について、コルベアは「疑わしいところはたくさんあるけど、一番信じられないのは、トランプが走れるってことだね」と口火を切り、武装した相手へのトランプ流の対処法は「ベトナム戦争時に5回も徴兵を回避した」ことでわかると切り捨てた。

   さらに、トランプの声色や身振りを真似ながら、「ベトナム戦争には勝てたんだ。武器なんか要らない。単身乗り込んで、ホーチミンに空手チョップをお見舞いだ」などと、矢継ぎ早にジョークを繰り出して笑いを取った。

   コルベアは「毎晩、寝るときに、せめてあすはトランプが何もしでかさないようにと願っている」が、期待は、毎朝、裏切り続けられているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中