2018年 11月 22日 (木)

小平奈緒選手の体調が心配 五輪後の強行スケジュールで世界スプリントを棄権

印刷

   平昌(ピョンチャン)五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを取った小平奈緒選手(31)がおととい、きのう(2018年3月3日、4日)と中国で開かれた世界スプリント選手権に出場、500メートルの連勝記録を27にのばしたが、体調不良から1000メートルの最終レースを棄権した。オリンピックから帰国して報告会や選手団解団式をこなしながらの日本滞在42時間という強行スケジュールで、さすがに疲れたらしい。

日本滞在わずか42時間でまたレースに出場

tv_20180305105447.jpg

   世界スプリントは2日間で500と1000メートルを2回ずつ滑る。小平は500メートルでライバルのテルモリス(オランダ)に2回とも競り勝ったが、最後の1000メートルは「昨夜から体調が悪くて力が入らない」と回避した。「早く回復して、つぎへ向かって励んでいきたい」とのコメントを出した。

   司会の加藤浩次「鼻声でしたね」

   近藤春菜(お笑いタレント)「まさか42時間しか日本にいないなんてねえ」

   杉山愛(元テニスプレーヤー)「小平選手でもオリンピックではプレッシャーを受けていたでしょうから、体と心に無理があり、棄権は賢明だったと思います。体調をととのえて、また頑張ってほしい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中