2018年 7月 22日 (日)

自殺した財務省ノンキャリ職員『遺書』明らかに・・・本省指示で書き換えた

印刷

   自殺した財務省近畿財務局の50代男性職員は、「本省の指示で(森友学園関係の)文書を書き換えさせられた」という趣旨のメモを残していた。きのう13日(2018年3月)の野党6党ヒアリングでも、財務省の誰の指示だったのかと追及されたが、理財局の富山一成次長は「誰からどういう指示があったかは、財務省全体で調査している」と答えるにとどまった。

   菅官房長官も記者会見で「政府として承知していない」と素っ気なかった。

命じたのはだれか?

tv_20180314120409.jpg

   元大蔵官僚の小黒和正・法政大教授は「亡くなった男性職員の心痛を察すると、言葉が出ないですね。やってはいけない指示を本省がやってしまった」と話す。元財務省官僚の山口真由氏は「理財局の一部とは誰かを財務省は早く明らかにするべきです」という。

   浜田敬子(ビジネスサイト編集長)「男性職員は職業倫理との間で板挟みになったのではないでしょうか」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「この職員はノンキャリアだったそうで、いつも犠牲になるのは一番弱い部分なんですよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中