2018年 7月 20日 (金)

高校野球はストレス溜まるばかり!千葉・中央学院の稚拙采配にヤキモキ・・・ああ、やっぱりサヨナラ負け
<選抜高校野球~甲子園 明徳義塾×中央学院」(NHK総合)

印刷

   筆者はプロ野球ファンだが、高校野球にはあまり関心がない。技術的に子供の部分があるし、指揮官の采配も腹が立つくらいに稚拙な場合があり、見ていてストレスが溜まるからである。昔のように純真さを押し付ける偽善的なことはなくなってきたが、それでも、アルプススタンドの応援隊に対するアナウンサーのコメントなどに違和感はある。高校生=純真など、今は昔である。

   今回は強豪の明徳義塾が負けていたので、見る気になった。いよいよ9回の裏が来た。千葉県の中央学院が5対4でリードしていて、9回の裏の明徳義塾の攻撃もあっさりと2アウトになった。このまますんなりいくかと思ったら、田中がヒットで出た。続く渡部がデッドボールで、2アウト一二塁となった。長打を打たれたら逆転だ。

   関東勢を応援していた筆者は、ふと嫌な予感がした。次打者は不振の4番・谷合である。明らかにピッチャーが投げ急いでいる。プロのようにコーチが間合いを取りに行くことは出来ないが、せめて、筆者は一呼吸置かせるために、伝令を走らせるか、キャッチャーにちょっと耳打ちさせるべきだったと思う。しかし監督は知らん顔。

   案の定、直球勝負で投げた球を、谷合は完璧にとらえてバックスクリーンにホームラン。折角、強豪を押さえてきた大谷投手は3ランを打たれてサヨナラ負けした。なんで監督が間を置かせるように動かなかったのだろうか。やっぱり高校野球はストレスの元なのだ。(放送2018年3月25日10時15分~)

   (黄蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中