熊本地震から2年 復旧作業が続く熊本城の大天守に鯱が復元された

印刷

   震度7の大地震から2年、熊本城の復旧作業が続いている。大天守は今月3日(2018年4月)、仮設の屋根が取りはずされ、新しい屋根瓦が登場した。6日には鯱(しゃちほこ)の一つが屋根上に復元された。

キラキラ輝く屋根瓦や鯱に「復興が進む実感」

tv_20180416110322.jpg

   父親が作った前代の鯱を引き継いだ鬼瓦師の藤本康祐さん(57)は、「復興が進んでいることを実感します」という。もう一つも28日に取り付けられる。

   城内は今、地震被害を受けた天守や櫓(やぐら)にクレーンや足場が取り付けられ、作業が休むことなく進む。その間からキラキラ輝く屋根瓦や鯱が垣間見える。観光客は震災前の2倍に増えた。

   司会の国分太一「復興が進んでいるのがわかります」

   カンニング竹山(タレント)「こういう工事の姿は普通は見られないと発想すればよい。散歩コースもあるし、すぐ横に繁華街もあるから楽しめます」

   キャスターの真矢ミキ「熊本城がよみがえる姿は復興のうれしいシンボルです。被災した方の気持ちがわかります」

   全面復旧は2036年の予定という。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中