2018年 5月 23日 (水)

「福田次官セクハラ」麻生財務相が火に油!被害者本人が申し出ろ

印刷

   財務省・福田淳一事務次官のセクハラ告発をめぐり、麻生財務相はきのう17日(2018年4月)の報道陣とのやり取りでも必死にかばったが、もう支離滅裂だった。被害女性に名乗り出るように求めたことも、「本人が申し出なければどうしようもない」と言い放った。これには「普通はできないのではないか」と野田聖子総務相も反論している。

   ついには、「言われる人(福田氏)の立場も考えないと。福田の人権はなしってわけですか」「もうちょっと常識的な質問をしろ!」「どうすればいいちゅうわけ?」とムキになって一方的にしゃべるばかりだった。

新潮社告訴の脅し

tv_20180418120442.jpg

   森本さやかアナ「麻生財務相の言い方に腹が立った人も多かったのではないでしょうか」

   司会の小倉智昭「あのやり方では、火がつくのはわかりそうなもんですけどね」

   福田次官はセクハラ発言を全面否定しているが、共同通信の柿崎明二・論説委員は「福田氏はメモ帳の確認や行きつけの店に聞いて回ることで不存在を証明できるのに、それをやっていない」と指摘する。

   小倉「最終的には新潮社と裁判となるんだろうか」

   どっちがウソをついているか、世間はとっくに見抜いている。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中