2018年 5月 21日 (月)

長友佑都「バケモンになっとる」 インテル時代のライバル・サラーの成長に驚嘆

印刷

   サッカー日本代表でガラタサライのDF長友佑都が25日ツイッターを更新し、インテル時代に対戦経験のあるエジプト代表でリバプールFCのFWモハメド・サラーの活躍について感想を記した。

「サラー覚醒しすぎやろ。バチバチ勝負していたのが懐かしい」

   サラーは24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第1戦・ローマ戦において2得点2アシストという驚異の成績を収め、自チームを5-2の勝利に導いた。

   サラーは以前、長友がいたインテルと同じセリエAのフィオレンティーナやローマに在籍。長友は対戦した経験を懐かしむとともに、

「バケモンになっとるやんけ。。」

と驚きを隠せない様子を見せた。

   この投稿のリプライ(返信欄)には

「長友選手と世界最高峰の選手とのバチバチの勝負みたいです!」
「彼を抑えて勝ったローマ戦の長友は自慢してもいいと思います」

といったコメントや、長友とサラーが直接対決している画像などが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中