2019年 2月 16日 (土)

次々登場する筋肉女子の猛レッスンに櫻井翔バテバテ 目のやり場に困るコスチュームも追い打ち

印刷

   「嵐にしやがれ」(2018年4月28日夜9時~・日本テレビ系) 「今夜も開店!出張・隠れ家ARASHI」コーナーで、嵐・櫻井翔がプロフィギュアスケーターの村上佳菜子とジムで合流。村上は週4でジム通いし、体をいじめ抜くことに喜びを感じるドMな筋肉女子。細マッチョ女子でスジが入っているような筋肉を持つ「スジ筋女子」に夢中で、携帯の待ち受け画面にするほどお熱なのだという。

   やたらハイテンションな村上がますます「モチベーション、上がってますよー」と目を輝かせる。1人目のスジ筋女子がまとったガウンを取った途端、「ステキ。おうちに飾りたい」と大騒ぎ。

   「NEWS ZERO」キャスターの櫻井は、五輪リポートなどで筋肉美女の取材は慣れたもの。だが、今回は、各人の紹介だけでなく、それぞれからスジ筋鍛錬法を実地に習う企画だ。そのあまりのハードさに思わず「聞いてないよー」の愚痴が口をついて出そうな息絶え絶えの結果となった。

華麗なポールダンスの艶技に「腹筋から下を見られません」

   トップバッターはポールダンス歴16年のポールダンサーKAORIさん。鍛え上げたスジ筋ボディーもさることながら、表面積最小のコスチュームに、櫻井は口あんぐり。顔を真っ赤にして「腹筋から下を見ることができない」と白状するエロっぽさ。披露された華麗なポールダンスの艶技といい、ただもう圧倒されるばかり。終わるや拍手喝采してしまう妙技だった。

   前職は金髪の看護師という変わり種だが、レッスンは厳しいの一言。床に足を伸ばして座った状態で、ポールをのぼる「Lシットクライム」に挑戦。「できる気しない」と最初から投げやり気分。始めるや「手が離せない」と櫻井、SOS。「その気持ち、めっちゃわかります。手が離せないですよねー」と村上。櫻井はKAORIさんに支えてもらい何とか上がるが、腕の筋肉だけで全体重を支えるわけで、とにかくしんどそう。トライ後に「キツイ。何かに頼らないと立ってられない」とバーにおでこをくっつけ、肩で息をしてしまうのだった。

   お次は、ボディービル女性版「フィットネスビキニ」全国大会6位の田上舞子さんが登場。「揃いも揃って、どこ見たらいいんだか」とセクシービキニ姿に赤面しまくりの櫻井。自転車漕ぎ1時間より、脂肪燃焼効果が高いという触れ込みの4分間トレーニング(4種類×20秒&休憩×2セット)に楽勝気分で、「これはお得ですねー」とニコニコ顔だったが、終わった後はヘロヘロ。「豚汁食うんじゃなかった、気持ち悪いー」と櫻井。日頃から鍛えている村上でさえ、予想以上のキツさに、笑いのツボにスイッチが入り、「笑いたくないのに、笑っちゃう」と笑いまくるありさま。櫻井もあまりのしんどさに「俺、こんなことなら1時間自転車漕ぎますよー」と大の字になり、弱音を吐いた。

   ラストは東京バレエ団のプリンシパル、沖香奈子さん。村上は「バレエダンサーの筋肉が特に大好き。チキンだったら、かじって骨なめたいくらい」と背中の筋肉をさわりまくる。さっそく白鳥の手の動きのレッスン20分間に取り組む。肘から上げた手を、肩を下ろしたまま肘から下ろすというシンプルなもの。だが、優雅な手の動きとは裏腹にかなりの運動量のようだ。終わった途端、櫻井は「ちょっと話しといて」と村上に進行を任せるほどバテバテ。

   疲労困憊の櫻井と違い、レッスン後もキャピキャピの村上。「櫻井さん、写真撮ってもらっていいですか?」とスジ筋美女との4ショットをおねだり。「俺が撮るの? 5ショットだと思ったよ、チクショー」とアイドルらしくキメ顔を作るつもりだった櫻井は、ひとり蚊帳の外に。満面の笑みの村上。週一のジム通いでお茶を濁していたアラフォー櫻井、本腰入れて鍛え直した方がいいかも。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中