2019年 7月 16日 (火)

「切なさが重なり合う」 西城さんと「ちびまる子」の奇妙な縁、ツイッターで話題沸騰

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   16日(2018年5月)に亡くなった歌手の西城秀樹さんの訃報を受け、国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」がツイッター上で思わぬ注目を集めている。

   登場人物の「お姉ちゃん」(さくらさきこ)が西城さんの熱狂的ファンという設定から、

「西城秀樹さん亡くなったのか・・・ちびまる子ちゃんのお姉ちゃん、どうなっちゃうの・・・!!」

といった声が相次いで上がったのだ。実際、訃報があった17日昼、ツイッター上の流行語を表す「トレンド」には、「ちびまる子ちゃん」「まる子」など複数の関連ワードが登場していた。

   そのほか、アニメの「お姉ちゃん」役を26年間務めた水谷優子さんは、2年前のきょう(16年5月17日)亡くなった。この偶然に、ツイッターには「ホントに運命とは分からんもんだな」との声も。

   「戦うパン屋と機械じかけの看板娘」などの作品で知られるライトノベル作家のSOW(ソウ)さんも、自身のツイッターで、西城さんと「ちびまる子ちゃん」との縁について、

「なんだろう、いろいろと切なさが重なり合う」

とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中