2019年 1月 23日 (水)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

『西城秀樹』骨折しても収録続行!「寺内貫太郎一家」で小林亜星と本気で乱闘

印刷

   司会の国分太一「いろいろと思い出している人も多いと思います」

   おととい16日(2018年5月)に死去した西城秀樹さんをしのぶエピソードや話が次々に紹介された。TBS系テレビドラマ「寺内貫太郎一家」で共演した作曲家の小林亜星さんは、西城をぶん投げるシーンで「だんだん本気になって、(骨折という)大変なことになっちゃったんだ。今ではあんなの、許されないよね」と振り返った。

   骨折しても、そのまま収録を続けたという。

アイドルというよりスーパースター

tv_20180518112219.jpg

   堀尾正明キャスター「歌唱力、ダンス、演技力と、アイドルというよりスーパースターだったですね」

   眞鍋かをり(タレント)「(映像を見て)いやあ、あまりにもカッコよくてびっくりしました」

   司会の真矢ミキ「ヒット曲の話題で盛り上がって、友だちが増えました。なにか豊かな時代でした」

   テリー伊藤(タレント)「もう伝説です」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中