2018年 8月 17日 (金)

これも「ヒデキが初めて」って知ってた?マイクスタンド蹴飛ばし、ペンライト・・・

印刷

   おととい16日(2018年5月)に死去した西城秀樹の最期を看取った女優の小川知子は、「アイドル時代のような顔だでした。愛してるよ、かっこいいよ、秀樹。あの世でもきっとモテるから、気をつけなさい」と涙を流した。

   脳梗塞の闘病をテレビやステージで見せ続けた。「人前に出ることが最高のリハビリ」は名言だった。2011年に56歳で2度目の脳梗塞に襲われたが、翌12年に歌手活動を再開し、右足には後遺症が残ったが、その時に「スッキリ!!」に出演してこう話していた。

   「2回目は手足に来ちゃったんで、ショックでした。長女が、パパ、歌をやめないでね。やめたら怒るからねと。長男にそれを言ったけど、僕はEXILEが好きだって」

本上まなみ「カレーはこの人だと思ってましたね」

tv_20180518123312.jpg

   司会の加藤浩次「リハビリで頑張っている姿に勇気付けられた人も多いと思います」

   本上まなみ(俳優)「子供だったから、カレーはこの人だと思ってましたね。キラキラしてました」

   水卜麻美キャスターが「西城の初めて」を披露した。マイクスタンドを蹴って歌うスタイルは彼が最初。野球場でコンサートも彼。観客のペンライトも西城なのだそうだ。やっぱり時代を開いていた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中