2018年 10月 24日 (水)

「傷だらけのローラ」振り付きで歌いたい・・・叶わなかった西城秀樹リハビリの目標

印刷

   「とくダネ!」の笠井信輔ニュースデスクは、西城秀樹とは家族ぐるみの付き合いだったという。1994年、西城がキャスターを務めた情報番組「となりのパパイヤ」で笠井はリポーターだった。

   16日(2018年5月)に亡くなる20日前にも、家族同士で焼き肉を食べ、「西城さんは肉を何枚も食べ、楽しそうに笑っていた」と涙ぐんだ。

死に装束は「真っ赤なシャツにネックレス」

tv_20180518130124.jpg

   笠井が入院の知らせを受けたのはゴールデンウイーク中で、さっそく見舞いに行こうとしたが、会える状態ではないと断られたという。「秀樹さんは穏やかな顔でかっこいい髪型していて、真っ赤なカッコいいシャツを着て、ネックレスをしていました。ステージ衣装なんですが、3人のお子さんたちが秀樹さんが一番好きな赤い衣装を選んで着せたんですって」

   笠井「秀樹さんは、『傷だらけのローラ』を振り付きで歌うことをリハビリの目標にしていたんですが、それだけは叶いませんでした」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中