2019年 2月 16日 (土)

LiSA、溢れる「林檎様」への敬愛 「『NIPPON』を唄わせていただきます」

印刷

   歌手のLiSAが23日(2018年5月)ツイッターを更新し、参加した椎名林檎の活動20周年記念トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」がリリースされたことを伝えた。

「LiSAは『NIPPON』を唄わせていただいています」

   アルバムには井上陽水や宇多田ヒカル、木村カエラなど著名なミュージシャンが参加している。その中でLiSAは2014年に発売され、NHKのサッカー関連番組のテーマ曲として知られる「NIPPON」を歌った。

   学生時代からバンド活動を行っていたLiSAは、椎名林檎を「林檎様」と表現するほどに尊敬しているようで、「林檎様の曲が出る度にCDを持って仲間と集まっては必死にカバーしていた」過去を振り返り、

「あの頃の私に未来にはすごいことが待っているよ。と教えてあげたい」

と、今回のアルバムに参加できた感動を露わにしている。

   一連のツイートの最後では、

「林檎様の音楽を聴きながら大人になったミュージシャンの皆と共に届けさせていただきます。他の収録曲も全ての楽曲に愛が詰まってすごい。素晴らしいアーティストの皆様とご一緒させていただいて幸せです。椎名林檎様。20周年おめでとうございます」

とコメントし、改めて椎名林檎の20周年を祝った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中