2021年 10月 22日 (金)

抱いた女は4000人「紀州のドン・ファン」不審死!妻が119番通報・・・遺体から覚醒剤

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   和歌山・田辺の資産家、野崎幸助さん(77)が急死した。「お金儲けは女性を抱くため」と「紀州のドン・ファン」と豪語するユニークな御仁だったが、遺体から覚醒剤の成分が検出され、話はにわかに事件性を帯びた。

   24日午後10時半頃、野崎さんの妻から「夫が倒れている」と119番通報があり、救急隊が駆け付けたが、すでに死亡していた。目立った外傷はなかった。

2年前には女性が6000万円金品持ち逃げ

   「スッキリ」は2年前、野崎さんを訪ねていた。この時は、自宅に呼び込んだ女性が、6000万円の金品を持ち逃げしたという話題だった。女性は不起訴になったが、取材の阿部祐二リポーターに驚くようなものを見せた。

   部屋の隅に放ってあるカバンに200万円、タンスの引き出しに1500万円など、札束が至る所にある。高級時計やブランドのバッグ類が無造作に置いてある。古い日本家屋に一人住まいの老人の暮らしぶりとしては、あまりにも異様だ。

   野崎さんは「紀州のドン・ファン」という本も出し、それによると、酒屋の生まれで、7人兄弟の3男。貧しかったという。物心ついたころに、不動産、金融で当てた。その先がユニークだ。「金持になるのが目的ではない。好みの女性とエッチするのが目標だった」とあからさまに書いた。夜の巷でナンパに金を使った。「抱いた女は4000人、30億円を使った」と豪語した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中