2019年 1月 23日 (水)

デーブ・スペクター、またも「24時間テレビ」痛烈批判 「暴露本を誰かが書いたら...」

印刷

   テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターが28日(2018年8月)のツイッターで、またしても「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)を皮肉った。

   デーブは放送前から「24時間テレビ」に批判的な投稿を連発。なかでも、

「24時間テレビはチャリティーでギャラもらえるのに、東京五輪は巨大なビジネスなのにボランティアはタダ働きっておかしいと思うのは、私だけ?」

といった25日のツイートは大きな反響を呼んだ。

   そして、放送から2日が経った28日にも、

「『24時間テレビ』の暴露本を誰かが書いたら売れますね」

と挑発するような提案をし、「タイトル案:『愛は地球を救えない』」と改めて痛烈に皮肉った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中