2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

日産「内部告発」だれ?ゴーンべったりの役員・幹部に現場がキレた!「外国人との違い我慢の限界」

印刷

   日産自動車の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕のきっかけは、内部告発だった。誰がどのような意図をもって明らかにしたのか。

   "ゴーン・ウォッチャー"を自認する自動車評論家の国沢光宏氏によると、日産社内の権力構図は、ゴーン会長をトップに社長→取締役→執行役員→従業員というピラミッド型になっていて、上から2番目の西川廣人社長や一緒に逮捕された代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者、執行役員までは「親ゴーン派」とみる。

   50億円の流用をめぐっては、実際に有価証券報告書に虚偽の記載をした執行役員を含む複数の幹部が、東京地検特捜部との司法取引に応じたことがわかっているが、内偵のキッカケとなった内部告発は、ピラミッドの一番下に位置する従業員レベルから出てきたものではないかと、国沢氏はみている。

   従業員レベルでは、「現場の話が上に通らない」「外国人社員との価値観の違い」などの不満がうっ積していたという。

グループ内に広がっていた秘密主義

tv_20181121120802.jpg

国沢氏「たとえば、メディアが車の不具合や電気自動車の電池の寿命などを自動車メーカーに取材すると、他のメーカーは答えが返ってくるのに、日産は返事が戻ってこないことが最近増えていました。それは、社員が上のゴーン会長を見て仕事をしていた現れです。現場はみんな怒っていました」

   ゴーン会長の逮捕受けて会見した西川社長は、手のひら返しともいえる批判的な発言で、国沢氏は「驚きました。業界もびっくりしています」と明かす。

デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「普通は、会社として(トップを)どうにか守ろうとするのに、まったくなく、異様な感じでしたね」

司会の小倉智昭「(違法行為を)見逃していたわけですから、法人としての責任も問われますよね」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中