2019年 8月 24日 (土)

来年秋のNHK朝ドラは信楽が舞台の「スカーレット」 戸田恵梨香が男社会で奮闘する陶芸家に

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2019年後期のNHK連続テレビ小説が3日(2018年12月)、滋賀県甲賀市の焼き物の里・信楽(しがらき)を舞台に女性陶芸家の奮闘記を描く「スカーレット」(9月30日スタート)に決まった。

   女優の戸田恵梨香(30)がヒロインを務める。女性が窯場に入ると「穢れる」と言われた土地柄で、男社会に飛び込み、妻や母となってもモノ作りに情熱を燃やす陶芸家・川原喜美子を演じる。

モデルは骨髄バンク設立に尽力した女性陶芸家

   現在も陶芸家として活躍している神山清子さん(82)の人生に取材、ストーリーの参考にしたという。実際の神山さんは、陶芸家の夫の反対を押し切り、作品作りに励んでいたが、夫が女性と蒸発、残された2人の子供を女手一つで育てながら、陶芸家として身を立てていく。独自の焼成方法で「信楽自然釉(しぜんゆう)」という作品を生み出し、全国の女性陶芸家に影響を与える。

   長男も陶芸家を歩むが、白血病で夭逝してしまう。神山さんは息子の死の経験から骨髄バンクの必要性を痛感、設立運動に身を投じるのだ。その波乱万丈の生き方から、2005年に神山さんをモデルにした映画『火火』(主演・田中裕子、監督・高橋伴明)が公開されている。

   ドラマでは、どこまでモデルの人生に沿った展開になるのだろうか。ちなみに近年の朝ドラでは、「わろてんか」は吉本興業の創業者・吉本せいがモデルだったが、ストーリーは本人からかなり離れたものだった。現在の「まんぷく」は日清食品創業者の安藤百福(ももふく)と妻仁子(まさこ)がモデルだが、ほぼ忠実に描かれている。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中