2019年 5月 20日 (月)

中国の報復エスカレート!別のカナダ人拘束―逮捕のファーウェイ・猛晩舟と交換狙い?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   アメリカ政府の要請でカナダで逮捕された中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の猛晩舟・副会長兼最高財務責任者は、8億5000万円を支払って保釈された。しかし、これでは収まらない中国は、拘束中のカナダの元外交官とは別に、もう一人カナダ人を拘束したという情報が入ってきた。

   高木美保(タレント)「中国はアメリカ人を拘束しないで、なぜカナダ人ばかりなんですかね」

アメリカに引き渡すなと圧力

tv_20181213151802.jpg

   中国事情に詳しいコラムニストの近藤大介氏はこう解説した。「カナダは今後3年間で10万人の中国人移民を受け入れようとしています。彼らは平均100万ドルを持ってやって来る。3年間で10兆円に上り、カナダはそれをあてにして予算を立てており、フイにしたくないので立場が弱いんです」

   猛をアメリカへ引き渡さないように圧力かける意味もあるだろう。

   そうはいっても、カナダはアメリカとの関係のほうが、対中国よりずっと大きい。カナダがアメリカへの犯罪容疑者の引き渡し拒否したのは、1999年から15年間で5例のみという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中