2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

史上最高額3億円超の値がついたクロマグロ 釣り上げた漁師も「嘘だべなー!」と仰天

印刷

   おととい5日(2019年1月)、豊洲市場で行われたマグロの初セリで、大間のクロマグロに史上最高額がついた。その額、なんと3億3360万円。

   前日にマグロを釣り上げた青森県大間町に住む漁師、藤枝亮一さん(64)は携帯に一報が入ると、想像をはるかに超える金額に「え~、嘘だべなー!? もう一回言ってください!」と驚いたという。

漁師へ転職19年目の大当たり、使い道は意外にも...

tv_20190107115648.jpg

   実は藤枝さん、もとは仲卸を営んでいた。45歳の時、「漁師が獲ってくるのを待つより、自分が獲った方が早い」と漁師になった。さらに「攻める釣り方がいい」と一本釣りを始めた。今度のマグロは19年目の大当たりだ。

   藤枝さんに入るのは税金などもろもろ引いて手取りで1億7800万円。使い道を奥さんに聞くと「船のローン返済と老後のための貯金。浮かれてられません」。意外過ぎるほど地味な返答に、藤枝さんは「そうだな」と一言。

   一方、競り落とした「すしざんまい」の築地の本店では3億のマグロを味わいたいと全国から人が押し掛けた。2時間半待ちの大行列だった。

   司会の羽鳥慎一「藤枝さん、昨日もマグロ漁に出たそうです。これだけもらったら普通ちょっと休みますよね」

   山口真由(弁護士)「ストイックですよね」

   羽鳥「ご自身で漁に出たのか、奥さんに『行けるでしょ?』と言われたのか、それは分かりません」

ピノコ

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中