2020年 10月 1日 (木)

稀勢の里の父・貞彦さん「部屋を興すには女将さんが必要。紹介してほしい」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   引退した横綱・稀勢の里はきのう17日(2019年1月)、両国の国技館を訪れ挨拶回りをした。「スポーツニッポン」によると、館内を遠回りし、ファンが集まる中を50分間歩き、写真をせがまれると笑顔で応じたという。稀勢の里の父親・萩原貞彦さんは、その裏に長い葛藤の日々があったことを明かした。

   「去年暮の31日(2018年12月)、チラッと来て、食事をして帰って行きました。相撲の話はほとんどしていません。迷いを生じさせてはいけないから、あえてその話はせずに言葉を飲み込んだ。明るく帰って行きました」

「ボロボロになってもやってもらいと思ってました」

tv_20190118114721.jpg

   迎えた初場所、稀勢の里は初日から3連敗したが、貞彦さんは2日目に逸ノ城戦で負けたとき胸騒ぎがしたという。「ちょっとこれは無理かなと。3日目も黒星だったが、とにかく1勝してほしいと。何とかしがみついて、ボロボロになってもやってもらいたいと思っていました。まだまだいろんな人に夢を与えてほしかったですよ」

   引退会見前には電話がかかってきたという。「サバサバした声でした。2日目が終わった後に、出続けろと言えばよかったと、後悔しました」 会見を中継で見て、やはり泣いたという。「あれだけ支えられ、愛されたのは、一生に値するのではないかと思ったですね。十分ですよ」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中