2019年 7月 17日 (水)

海外メディアも気付いていた大坂なおみのコーチ契約解消「全豪オープンから不和」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   テニスの大坂なおみ選手はきのう12日(2019年2月)、サーシャ・バインコーチとの契約解消をツイッターで明らかにした。香港のメディアは「メルボルンの全豪オープンから不和になった」と報じた。準決勝前の練習は10分で終了、大坂がサーシャコーチのいるコートに現れなかったこともあったという。

   今年(2019年)に入ってからも、ブリスベン国際の前日練習では、大坂が相手選手が得意とする左利きサーブをサーシャに要求し、「いつもとちがうサーブはできないの」といらだつ場面もあった。

立場はコーチより選手の方が上

tv_20190213144714.jpg

   元テニスプレーヤーの沢松奈生子さんは「それにしても、なぜ今と思います。戦国時代の女子テニス界で、天下統一させてくれた名参謀なのに」と驚く。選手とコーチは「一言でいうと結婚で、家族よりも一緒の時間が長いんです。気が合うことが何よりですが、選手の方が立場は強い。1人でやりたい気持ちもあったのかもしれないですね」

   関係者によると、契約解消は大坂から申し入れたという。

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「(将来、振り返ったときに)あれは合理的で、クールな判断だったねと思いたい」

17日(2019年2月)からドバイオープンが始まり、5月26日からは全仏、7月1日から全英(ウインブルドン)と続く。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中