2019年 2月 22日 (金)

flumpool山村「ドナー登録にいってきました」 池江の白血病公表で「いまの僕にできることを」

印刷

   人気バンド「flumpool」のボーカル、山村隆太が13日(2019年2月)ツイッターを更新し、以前から親交がある競泳の池江璃花子が「白血病」だと診断されたことを受け、骨髄バンクへのドナー登録をしてきたと明かした。

   山村は以前、歌唱時機能性発声障害で声を出すことが困難になり、活動を休止していた自分に池江選手の姿を重ね、「一年前の自分を思い出したりして、想像もできないほどの彼女の悔しさを思うと本当に言葉にならない想いになりました」と心境を吐露。お互いに「ライブに(池江選手が)来てくれる」「日本選手権応援しにいくよ」と約束していた。その上で、「いまの僕にできることをということで今朝、ドナー登録にいってきました」と語る。池江の病気について理解を深める中で、骨髄移植が最適と知り、行動に移した山村。ファンからも「私もしようと思う」「ドナーになるリスクも0では無いこと。でも、その何倍も相手の未来に繋がるのなら私も協力してみたいなと思いました」といった共感のコメントが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中