2019年 6月 18日 (火)

佐藤二朗「俺の嫁、やはり最高」 下積み時代支えた妻の渾身ノロケ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   俳優・佐藤二朗が3日(2019年3月)ツイッターを更新し、妻との晩酌でのほっこりエピソードを投稿。佐藤は「嫁に『夢みたいだな』と言った」と切り出すと、「25年前、2人で風呂なしアパートに住み、銭湯通いしてた頃を思い出し、ふとそう言った」と、下積み時代を思い出したようだ。佐藤の「夢みたいだな」に、妻は「随分、遠くまで来た感じ」と返答したという。佐藤が「もっと遠くまで行こう」と答えると、嫁は少し笑ったそう。その時の様子を見て佐藤は「ごめん、俺の嫁、やはり最高。遠くまで。皆様、よければお付き合いを」と渾身のノロケでツイートを締めている。

   一連のほっこりエピソードに対し、佐藤のリプライ欄にも

「尊すぎて読めなァァァァァい!!」
「素敵な小説を読んでるかのよう」
「いい夫婦だな~ 売れない時代から苦労して歩んで来て今があるんですね...俺もそんな夫婦でいたいな」

と、佐藤夫婦にほっこりしているフォロワーが多数見受けられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中