2019年 8月 19日 (月)

連続少女暴行男「懲役11年」は軽すぎる!シングルマザー騙して娘あずかり次々に餌食

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   卑劣な手口で幼い女児4人に性的暴行を加えていた広告代理店の元社長に、山形地裁は懲役11年(求刑は懲役15年)の実刑判決を言い渡したが、「軽すぎる」とおい批判が強まっている。

   阿部譲被告(35)は2014年頃からシングルマザーに近づき、「育児と仕事でたまにはお母さんも息抜きが必要。娘を預かるよ」と執拗に娘を預けるようにいい、預かった4~9歳の女児4人に制性交やわいせつ行為を行ったほか、女児の裸をスマホで撮影していた。

公判でもまったく反省なし。「少女が誘ってきた」」

tv_20190313132838.jpg

   児童買春、児童ポルノ禁止法違反、強制性交、強制わいせつ罪などに問われたが、法廷でも安倍に反省の色はまったくなかったという。被害女児の母親は「態度があまりにもふてぶてしく、4歳の子どもには『そこに彼女がいたからなんとなく襲った』と言い、7歳の子どもに対しては『彼女が僕を誘惑した』と証言しました」と話す。

   司会の小倉智昭「被害を受けた娘さんたちの将来を考えると、胸が痛みますよ。どんなことを彼がやったのか、放送では言えないんですよ。それほどのことをやっていた」

   若狭勝弁護士は「懲役11年は軽いですよ。『乱暴する意思はなかった』と言う本人の供述を覆すだけの証拠がなかったのでしょう。女児のトラウマやフラッシュバックを考えると、もっと重くしてしかるべきだった」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中