2019年 5月 23日 (木)

こいつぁしんどい「新元号スペシャル」 朝の情報番組は間に合わないんだから

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ついに新元号が決まった。しかし、朝の情報番組は発表に間に合わない。そこで、ビビットでは、「平成おじさん」と呼ばれた故小渕恵三元首相夫人の小渕千鶴子さん(78)と、当時の秘書官石附弘さん(73)、そしてあの「平成」という発表の文字を書いた事例専門職の河東純一の話を聞いた。

   新元号を決める懇談会で示された案は、平成、修文、正化の3つ。平成が一番上に書かれ、さしたる議論もなく決まった。

「平成」を練習なしでいきなり書かされた

   石附さんは小渕氏から、発表の形を工夫するよう求められ、文字で見せることを思いついた。河東さんは「平成」と書かれた小さなメモを渡されて、練習もなしでいきなり書いた。石附さんのところに届いた時はまだ、墨が乾いていなかったという。官邸の記者から「反射するから」といわれ、額のガラスを外した。

   こういった話を延々と続け、結局は司会の国分太一の「あと1時間半後です」で終了。朝の情報番組はツライよ。

   

   ヤンヤン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中