2019年 11月 23日 (土)

大谷翔平「完全復活」いつ?きょうオリオールズ戦は5打席ノーヒット

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   去年(2018年)秋、右ひじ側副靭帯のトミー・ジョン手術を受けた大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は、今シーズンからバッターとして復帰したが、いまだ勘が戻っていないのか、きょう11日(2019年5月)のオリオールズ戦は5打席ノーヒットだった。

   移植に詳しい馬見塚尚孝医師は「復帰まで打者で半年、投手なら1年が普通」という。医師、コーチングスタッフと様子を見ながら慎重に復帰プログラムが進められている。エンゼルスのオースマス監督は「投打、別のものをいっしょにやる難しさがある。投手としての将来を考えると、一気に練習させられない」と語る。

   大谷は素振りの再開、1か月後にキャッチボールも始めたが、最初は6メートル先の相手に20球、3日後に9メートルで10球、さらに12メートルを35球などと細かく管理されている。「もっと緩く!」とトレーナーから声が飛ぶ。山なりのボールを投げろという指示だ。早い時期に力を入れ過ぎると、負担が大きくなるからだ。

   トミー・ジョン手術を受け、その後も7年間現役を続けた元巨人の脇谷亮太選手は、「手術後もずっとひじは痛かった。あの感じはやった人でなければ分からない。ひじを伸ばすのが怖い」と話す。

テークバック大きい大リーグ流バッティングホームに改造

   大谷は素振り練習を非公開としてきたが、4月にフリーバッティングを公開し、33スイングのうち柵越えを9本を放った。その打撃フォームは去年とは変わっていた。動作解析の川村卓・筑波大学准教授は「足の幅を広げ、テークバックをより後ろに引く大リーグ選手がよくするスタイルになっています。大谷選手はリハビリをステップアップの期間と考えているのではないでしょうか」と見ている。

   元中日ドラゴンズ監督の落合博満さんはこう話す。「今回のように、すぐゲームに出て元の感覚に戻せというのは無理ですよ。ピッチャー大谷を見据えてのステップだろう」と話す。バッティングフォームは「去年までの方が好き」という。「テークバックを後ろにした分、肩に力が入ってしまい、バットが出づらい」と分析した。

   投球フォームも、ひじからではなく、手首から先に振り上げるスタイルに変えようとしている。馬見塚医師は「ひじが先ではより負担がかかり、リスクが高いんですね。フォーム改造で160キロ超えのストレートが数キロ下がる可能性はあります」という。

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中