2019年 11月 16日 (土)

百田尚樹の正体見たり!間違いもコピペも何でもやる「売れない本は本じゃない」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

自動ブレーキ一番安全なクルマどれ?国交省が採点した国産車ランキング

   クルマといえば、週刊ポストに「自動ブレーキ車安全性能ランキング」という特集がある。高齢者の自動車事故が多発しているが、そのほとんどがブレーキとアクセルを踏み間違えのようだ。そうした事故を自動車の安全性能でいくらか防ぐことができるのか。時宜を得た特集である。

   助けとなるのは自動車に搭載されている予防安全性能だ。前方の障害物を察知して自動的にブレーキがかかったり、衝突回避の警報が鳴ったりするシーンをCMなどで見たことがある人も多いだろう。国土交通省所管の独立行政法人「自動車事故対策機構」が、被害軽減ブレーキ対歩行者、被害軽減ブレーキ対車両、車線逸脱抑制、後方視界情報、高機能前照灯、ペダル踏み間違い時加速抑制などを採点した。満点が126点である。

   1位はトヨタのカローラスポーツで122.4、2位がスバルのフォレスターで122.3、3位がホンダのインサイトで121.4,4位がN-VAN(軽)で120.6。16位のオデッセイは62.7である。自動運転車に行く前に、もっとメーカーは安全性の研究にカネをかけてもらいたいと思う。

   レンタル家族というビジネスがある。独り身の寂しさを埋めたい、妻と娘をレンタルしたいという要望に、「家族」を貸し出すというのだ。そんな代行サービスで一躍時の人となったのが、「ファミリーロマンス」の石井裕一社長(38)で、海外でも注目されているそうである。

   カンヌ映画祭で公開された映画『ファミリーロマンス社』、NHKの海外向けサービス『NHKワールドJAPAN』でも30分のドキュメンタリーとして紹介されたという。

   ところが、同社の元代行スタッフが、これらの映画やドキュメンタリーに依頼者はなく、スタッフである自分が依頼者、女性の代行スタッフが妻と娘、息子は石井が演じた"やらせ"だったと暴露したのである。元代行スタッフがこう話す。

   レンタル家族の依頼者は表に出せない面倒な事情や内面を抱えているから、たとえモザイクであっても簡単にメディアに出ることはないし、他の会社は頼まれても断るという。だからメディアはとはいいたくないが、出演者の真贋ぐらいチェックしておけよ。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中