2019年 7月 19日 (金)

東京オリンピック観戦チケット けさから抽選結果メール!160万円分申し込んだ国分太一は全滅

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   けさ20日(2019年6月)、東京オリンピックの観戦チケットの抽選結果が発表された。総額160万円近くなるチケットを申し込んでいた司会の国分太一は全滅。テリー伊藤(タレント)、「フォーブス・ジャパン」副編集長の谷本有香、堀尾正明キャスターもすべてダメだった。司会の真矢ミキは「テレビ観戦が一番」と申し込みをしていなかった。

   ゲストの小林信也さん(スポーツライター)は6枚当たったという。種目はすべて水球。「今回は水球に注目していたのでうれしい」とニッコリしていた。

今回ダメでも秋以降に購入チャンス

tv_20190620125604.jpg

   今後は、秋以降に先着順販売、来春からは直前期販売が行われる。また、公式リセールサービスも稼働し、不要なチケットが定価で出品されるようになる。

   さらに、この夏からは旅行代理店などが公式観戦ツアーの受け付けをスタートさせるほか、食事付きの公式ホスピタリティサービスチケットなども企画されている。

   小林さん「現在、どれだけ残席があるか発表されていません。(今後の販売で狙いたいのは)ソフトボールです。開会式前に競技が開始されることと、上野投手の先発登板が予告されています」

   近代五種も狙い目だという。「近代五種は味の素スタジアムで、馬術、水泳、フェンシング、射撃、ランニングの5種目が行わるのですが、いったどうやって1つの会場で全部を見られるようにするのか、注目です」

   チケットの当落はメールで知らされるのだが、注意したいのは詐欺メールだ。URLが記載されているものはウソなので、決してクリックしないこと。電話やハガキでの当落連絡はないので要注意だ。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中