2020年 11月 28日 (土)

シンガーソングライター崎谷健次郎にストーキングの女逮捕!27年間付きまとい

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ドラマ「東京ラブストーリー」の挿入歌「もう一度夜を止めて」などのヒットで知られるシンガーソングライターの崎谷健次郎に、27年間つきまとっていた女性ストーカーが逮捕された。崎谷はホームページでこう報告している。

   「27年間、ストーカーを続けてきた容疑者が、12日(2019年6月)ストーカー規制法違反と名誉毀損で警視庁に逮捕されました。ライブの最中に、血判を押した婚姻届をステージにバンと置くんですよ」

ライブステージに血判押した婚姻届

tv_20190620143719.jpg

   長い長い話だ。事の発端は1991年にニューヨークでレコーディングした時だったという。問題の女性は崎谷の元妻の知り合いで、ホテルを訪ねてきて、「一度だけ間違いがあった」という。

   以来、女性は崎谷の曲に「自分のことを書いたんじゃないか」と妄想を抱くようになり、「自分へのメッセージだ」「自分に好意を持っている」と勝手に思い込むようになったという。ライブのステージに婚姻届を置いたりするので入場禁止になったが、2017年から直接の付きまといが始まった。

   事務所へ「崎谷に会わせなさい」と血判を押した手紙を送り付け、探偵を使って調べて自宅にも手紙を寄越した。家まで来たこともあったという。ブログによる中傷もあり、とうとう先月5月に、刑事告訴に踏み切ったという。

   司会の小倉智昭が体験をいう。「ラジオをやってる頃、いろいろありました。一番すごかったのは、『何年か前の春、私はあなたに道玄坂で殺されました』というのがあった」

   古市憲寿(社会学者)「気持ち悪いし、支離滅裂。怖いな」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中