2019年 11月 17日 (日)

闘病中の堀ちえみさんのブログに「死ね、消えろ」「馬鹿みたい」と書き込んだ主婦。番組が直撃すると...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   がんで闘病中のタレントの堀ちえみさん(52)のブログに「死ね」と書き込んだとして北海道の50代主婦が先月(2019年6月)18日、脅迫の疑いで書類送検された。

   スタッフがその主婦の自宅に尋ねると、どこにでもいそうなオバサンだった。本人は「ブログにコメント入れただけなんです。警察の人に脅迫だって言われ、ああ、そうなんですかって。それだって、何百回としたわけじゃないんです」と悪びれていないようだ。

「ちょっと書き込んだだけで脅迫なの?」と反省ゼロ

tv_20190716111350.jpg

   最初は同じ50代として応援したいと思っていた。だが、別の掲示板をみると、堀さんのブログの内容と違うことが書かれており、事実とは違うんだなと思い、「嘘ばっかり」と書き込んだという。

   警察によると、主婦は今年(2019年)1月から2月にわたり脅迫に当たる書き込みを数回行った疑いだ。その前後、堀さんは2月に舌がんと診断され、公表、手術、さらに4月には食道がんを公表、手術と大変な時期が続いた。それを追うように「死ね消えろ」「馬鹿みたい」「死ねば良かったのに」「次はどんな病気?」などと投稿した。

   堀さんに恨みがあったのかと聞くと、主婦は「それはないですよ。インターネットにちょっと書き込みをしたら、いきなりこういうことになった感じで」と話す。

   司会の小倉智昭「人に対して、『死ね』ということは簡単に言える言葉ではありません。特に堀さんが病気や手術のことなど悩み苦しんでいるときに、『死ね』はないでしょう」

   弁護士の若狭勝氏によると、「殺す」「けがをさせるぞ」という言葉が含まれると脅迫罪が成立するが、「死ね」だけでは6~7割が不起訴になるのでは、という。

   中江有里(女優・作家)「受け止める側からすれば、『死ね』でも『殺す』でも同じことなんです」

   古市憲寿(社会学者)「書き込んだ本人は軽い気持ちで、自分が特定されるとは思っていなかったのでしょう。そのことをみんながもっと良く分かるといいんですが」

一ツ石

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中