2020年 11月 26日 (木)

<チマタの噺>(テレビ東京系)
田中泯「警察官だった父親」息子教育はなぜか死体を見せること・・・怖かった

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   笑福亭鶴瓶が街の人々のなにげない行動や意外なエピソードをVTRで見ながら、ゲストと気ままにトークを展開する。この日は、世界的ダンサーで俳優の田中泯だった。

   近年は演技派俳優としても評価の高い田中だが、俳優デビューは遅咲きの57歳(ちなみに現在は74歳)だ。尊敬する踊りの師匠が57歳で没したことから、自分が57歳になった時に「このままでいいのか。このままではマズイぞ」と思ったという。

   そんな時に映画の世界に誘ってくれたのが、山田洋次監督だった。田中は2002年に山田監督の「たそがれ清兵衛」で俳優デビューし、その後も山田作品に多く出演している。

最近は舞台の後に自分が作った「泯じゃが」即売

   チマタのインタビューでは、「あなたの家のちょっと変わった教育方針は?」という質問に、「土曜日は学校を休んで好きなことをしていい」「虫は絶対ティッシュで殺す」「体毛は絶対に剃らない」「猫を飼い続けること。命の尊さもわかりますし、猫のおかげで性教育も学べました」など、(それって教育?)と思わず笑ってしまうユニークな解答が続出した。

   田中は父親が警察官だったため、近所で死体があがるたびに現場へ連れて行かれ、ただ黙って父親から死体を見せられたという珍しいエピソードを披露した。「父親は死体を見せることで何か僕に影響を与えるという考えがあったのかもしれない。最初は怖かったけど、いまでは大感謝してますよ」

   映画やテレビドラマでは寡黙な役が多い田中だが、鶴瓶と話す姿はとても気さくなおじさま。ダンサーと俳優業のかたわら、普段は山梨県で農業も営んでいるそうで、作ったじゃがいもを「泯じゃが」と名付けて、舞台の後に即売したりもしているんだそうだ。(7月23日深夜0時12分)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中