2019年 10月 16日 (水)

文在寅に致命傷!韓国民は絶対許さない「不正入学と徴兵逃れ」疑惑まみれの娘と息子

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   文在寅大統領の最側近の曺国氏(54)に娘の不正入学や息子の兵役逃れの疑惑が浮上し、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定は、国民の目をそらすためだったと批判されている。検察も強制捜査に乗り出した。

   曺国氏は2017年に文政権発足と同時に大統領府に入り、民情首席秘書官に就任。今月9日(2019年8月)には次期法相に内定した。ところが、娘が名門の高麗大学へ無試験入学、奨学金の不正受給し、息子にも5回にわたり兵役逃れさせたなどの報道があり、曺本人にも「資産隠し」が指摘され、まるで疑惑のオンパレードだ。

   コリア・レポート編集長の辺真一氏は「大学不正入学問題は、韓国の国民からすれば断じて許せない問題です」と語る。2016年には親友の娘の不正入学疑惑で、朴槿恵前大統領は弾劾に追い込まれ、辞任した。

   弾劾・辞任に追い込まれた朴槿恵前大統領と同じ道

tv_20190828124243.jpg

   韓国政府は先週22日(2019年8月)、「GSOMIA」破棄を発表したが、野党は「曺国氏の疑惑を隠すために、韓米日の安保協定を壊したのか」と指摘している。来月2日からは国会で法相に適格かを審査する聴聞会が開かれる。

   司会の加藤浩次「韓国の若い人たちはどう考えるのでしょうか」

   宮崎哲弥(評論家)「疑惑が確実になれば、朴槿恵前政権と同じような流れになるかもしれません」

   松田丈志(競泳元日本代表)「韓国のアスリートと付き合いがありますが、オリンピックでメダルを取るか、アジア大会で金メダルを取れば、兵役を免除されると聞きました。韓国の選手はそれを目指して必死に頑張っているんです。兵役逃れがあったとすれば、若い人たちは相当反感を買うと思いますよ」

   宮崎「不正入学と兵役逃れ。すごく大きな問題です」

   文在寅大統領の前途も多難である。

ss
文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中