2019年 10月 19日 (土)

沿岸住民は「高波」厳重注意!台風19号と大潮が重なり津波並みの海水押し寄せ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   台風19号の最新情報を気象予報士の根本美緒が伝えた。「非常に強い」勢力のまま、あす12日(2019年10月)午後6時前後に伊豆半島から神奈川に駆けたエリアに上陸し、関東南部や東北地方を通過しながら13日朝には北海道沖に抜けるとみられる。

   気象庁によると、予想される最大瞬間風速は東海・関東甲信60メートル、近畿45メートル、東北40メートル、北陸・四国35メートルとなっている。13日朝までの総雨量は、東海800~1000ミリ、関東甲信550~750ミリ、伊豆半島500~700ミリ、近畿500~600ミリと予想されている。

満潮は12日午後4時台と13日午前4時台

   風速が40メートルを超えると走っているトラックが倒れる恐れがあるし、雨は1か月間に降る量をはるかに超える。猛烈な暴風雨が襲来するとみていい。

   根本が「ミステリーじみている」と注目したのは、「ちょうど19号の接近・上陸が満潮と重なる時間帯なんです。沿岸の住民の方たちは注意してほしい」と警戒を呼び掛けている。しかも、大潮で潮位がとくに高く、高波が重なると、津波並みの海水が押し押せるという。

   満潮は東海・関東の満潮は12日の午後4時台と13日の午前4時台だ。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中