2019年 11月 15日 (金)

「京都・祇園」外国人観光客の傍若無人もう我慢できまへん!舞子パパラッチに罰金1万円

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   京都・祇園で、外国人観光客のマナー違反がいよいよ目に余るようになってきた。花見小路通は「一見(いちげん)さんお断り」のお茶屋や昔ながらの飲食店が立ち並ぶが、最近は大勢の観光客で溢れかえり、外国語が大声で飛び交う。夜になり、お座敷に向かう舞妓が姿を見せると、カメラに収めようと追いかけ回す。「舞子パパラッチ」だ。

   舞妓歴2年目の豆誉(まめよ)さんは「走ってついて来て、そのままお茶屋さんの中に入ってきたり、自分らの家についてきたり。袖の中にタバコの吸い殻を入れられたという話もあります」と話す。店の前に座ってお菓子を食べたとか、提灯を持って行ったとか、店やなじみ客にも影響が出ているという。

   このため、祇園町南側地区まちづくり協議会は、「私道での撮影禁止 許可のない撮影は1万円申し受けます」と書いた看板やポスターを設置した。法的な拘束力はないが、抑止力に期待しているという。

条例作って目に余るマナー違反は取り締まれ

tv_20191106121700.jpg

   しかし、この程度でマナーが守られるはずもなく、「気が付かなかった」「みんなやっていた」などと話し、外国人観光客の傍若無人は続いている。

   協議会常任理事の太田磯一さんは「俗にいう舞妓パパラッチ。それが一番の問題になっています。本来の祇園っていう町のあり方が、外国人観光客につぶされているのが実情ですね」と話し、「できるだけ外国人観光客の方はご遠慮願えればと思うのは、本音の部分なんです」と語る。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「ヨーロッパでも、観光公害が問題になっています。そこに住んでいる人が普段の生活ができなくなると、本末転倒ではと思いますね」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「京都市も観光客を増やそうという方針があるなら、税収も上がるはずですから、それをコストとして、条例を出すなど対策をとるべきですよ」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中