2019年 12月 16日 (月)

沢尻エリカ逮捕の激震で、ケチのついた大河ドラマ。1年ものは見直し時である
<沢尻エリカ逮捕報道関連>(各局)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   蜂の巣をつついたようなネット界テレビ界の大騒ぎは置いておいて、被害を被るNHK大河ドラマについて考察する。『いだてん』におけるピエール瀧の逮捕に続き、来年の『麒麟がくる』の濃姫(沢尻エリカ)の逮捕で、大河ドラマ制作チームは慌てているだろう。筆者に言わせれば自業自得である。何故ならば、片っ端から人気者をかき集めて大金を注ぎ、1年間もの間、拘束する強欲さのツケだ。

   大勢の人気タレントの中に薬疑惑の人間が混じることは確率的に言っても容易に考えられることである。政治家のように身辺調査までは出来ないにしても、傍若無人に金にあかせて目ぼしいタレントや俳優を1年間以上も尽くさせるのは止めたらどうか。つまり、長い長い連続ドラマが時代に合わなくなってきているのである。

   民放では珍しく『やすらぎの郷~道』(テレビ朝日系)が長尺ものとして放映中であるが、さすがの大御所・倉本聰においても、作品の質の維持に四苦八苦しているのが伺われる。当初は『道』の中で戦時中の物語を語り、戦争を知らない世代を啓蒙したい意図があったと思うが、はっきり言って息切れしてつまらないドラマになった。

   連ドラで珍しく半年間続けた『あなたの番です』は、エキセントリックな殺し合いという内容で志の低い駄作だった。同じNHKの朝ドラが半年ものに改良されてから、視聴者が飽きる寸前で終わるという好循環を産んでいる。そろそろ大河も見直し時である。(放送2019年11月16日~)

   (黄蘭)

採点:0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中