2020年 11月 29日 (日)

生理中の女性は「生理バッジ」でお知らせ 老舗百貨店の試みに「私も付けたい!」「プライバシーの侵害」と賛否

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   老舗百貨店の大丸梅田店(大阪市)が、女性従業員が生理中であることを知らせる「生理バッジ」を試験的に導入し、話題になっている。ネット発の人気漫画『ツキイチ!生理ちゃん』とのコラボ企画で、名札の下にある告知用の札を裏返すと生理中であることを知らせる「生理ちゃん」のイラストが現れる仕組みで、女性従業員約500人が任意でバッジを付けている。

   この試みに「プライバシーの侵害」「オープンにする必要ある?」などとSNSで批判が上がったほか、店にも批判電話が相次いだというが、店の狙いはなんなのか。

専門家は大丸にエール「一石を投じた」

tv_20191125143501.jpg

   今津貴博店長によると、導入のきっかけは22日(2019年11月)に5階にオープンした最新の生理用品などを扱う売り場だ。「生理に対する理解を深めたい」と、若手社員から提案され、このフロアで働く女性従業員に生理バッチを導入したというのだ。「妊娠マークがあるように、マークを付けることによって従業員同士の気遣いとかポジティブな動きが出てくるのではないか。売り場としてもいい形に進んでいくのではないか考えました」と今津店長。

   対象となった女性従業員からは「生理の話を職場の人とできるようになったことが大きな一歩だと思う」「同性同士で話すことで、ポジティブな雰囲気で盛り上がれた」とおおむね賛同の意見が多いという。百貨店側は今後、お客さんの反応などを見て継続について検討する予定だ。

   一方、街の女性の反応は...。「やりすぎ。周りが知ってどうするんだろうって感じです」(20代・教師)、「生理があるから何かを許してほしいとか、体調が悪いのを気遣ってほしいとか、甘えを感じる」(40代、事務職)という反対派もいれば、「私自身、生理痛がひどくて体調崩すことも多い。口に出して言いにくいから付けたい」(30代、事務職)という肯定派も。「スッキリ」が調査をした女性80人中では、賛成が31人、反対が49人。およそ4割が賛成だった。

   生理用品などの時代背景などを研究している田中ひかるさんは「試験的な導入ということで、結局廃止になってしまうかもしれないが、生理を語る議論を起こすために一石を投じた意義はあると思う」と話す。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中