2019年 12月 7日 (土)

「先生に首絞められたのに、学校は知らん顔。謝ってほしい」小学生が訴え!1年半も放ったらかし

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   千葉県流山市の小学校で、1年生の男子児童が教師に首を絞められたと訴えたが、学校側が調査をしたのは1年半後だった。「先生が肩から手を離して僕の首にこうやってきて(首を絞められた)。やめて苦しいと言ったら先生は手を離してくれた」「先生は床に向かって(自分の)水筒を持ってバーンと投げました。口をつける部分が壊れて、お茶がバーっとこぼれていた」

   教師にこのようにされたと、児童が手振り身振りで母親に説明する動画だ。問題が起きたのは2017年。母親は学校に連絡したが、学校側は担当からは何も報告がなかったようで、びっくりした様子だったという。調べるとも言っていたが、一向に調査する様子はなく、発達障害のような傾向がみられるという発言もあって、医師の診断を受けたがそんなことはないと診断された。

   ようやく調査を始まったのは今年2月(2019年)。このときの学校と保護者の話し合いでは、担当教師は「記憶にない」「衝動的にカッとなってやってしまった」などと話し、学校側は水筒を壊したことは認めたが、首を絞めたことは否定した。

学校は「被害男児の人権保護の観点からコメントは一切差し控えたい」

tv_20191204144837.jpg

   3年生になった児童はいま、「一番望んでいるのは、担当の先生が僕にしてきたことを認めてほしいです。ちゃんと認めて僕に謝ってほしいです」と話している。母親は来週10日(2019年12月)に、学校、市教育委員会の改善や再発防止を求め、市議会に陳情を提出するという。

   流山市教育委員会は、「グッとラック!」の取材に、「被害男児の人権保護の観点から、コメントは一切差し控えたい。引き続き保護者とやり取りし、適切な対応を続けていきたい」といっている。

   キャスターの立川志らくは「人権がどうのこうの言って、逃げんるんですね。教育者はどうして逃げるんですか、こうやって。これからは児童を救いますと、その一言がなぜ言えないんですか」と終始怒っていた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中