2020年 11月 25日 (水)

「コロナ対策はチマチマするな。1人100万円をドーンと配れ!」辛坊治郎が大いに吠える

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   新型コロナの緊急経済政策が迷走している。アメリカでは所得に応じて大人最大13万円、子供5万5千円の支給、香港では18歳以上の全市民に14万円、オーストラリアでは低所得者に4万8千円など、各国で現金給付の動きが進む中、安倍晋三総理も28日(2020年3月)の記者会見でターゲットを絞った上での現金給付に明言した。

   一方、自民党内では「お肉券」「お魚券」といった驚きの案も出ている。お金を持っている人しか恩恵を受けない消費税減税は何の意味もない。

自民党の「お肉券」「お魚券」構想に店側は「大迷惑だ」

tv_20200330132000.jpg

   商品券構想に精肉店は「なぜ和牛だけが対象に?合挽きはどうする?」、鮮魚店も「ありがたいと思わない。現金化に時間のかかる商品券は扱いづらい」と語る。街の声は「現金に決まっている」「現金だと貯蓄に回るから期限付き商品券」「消費税減税がいい」とさまざま。

   キャスターの立川志らく「お金のない人はすぐ使い、富裕層は10万円を貯金しない。現金だと貯金に回るというのはピントがずれている。プレミアム商品券が失敗しているのにまたやるのか」

   後藤礼司(総合大雄会病院医師)「医療費などを使わなければいけない人もいる。使い道は別れてくるが現金給付しかない」

   国山ハセン(TBSアナウンサー)「世帯当たり10万円でも少ないという声がある」

   辛坊治郎(ニュースキャスター)「チマチマしたことをいうな。冗談じゃなく1人100万円。所得の上乗せで、所得が低い人はそのまま使え、所得が高い人は税金で回収する。国民全員に配っても130兆円。経済対策に60兆円というが、そのまま配れば一人50万円配れます」

文・みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中