2020年 10月 20日 (火)

<エール>(第7話・4月7日火曜放送)
ヒロイン関内音は小学6年。学芸会の演目「かぐや姫」の主役は自分だと思っていたのに...

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   大正12年。のちに裕一の運命の人になる関内音(清水香帆)はまだ11歳、小学6年生だった。父・安隆(光石研)は元陸軍の獣医で、今は馬具を卸す仕事をしていて、母・光子(薬師丸ひろ子)と、姉の吟(本間叶愛)、妹の梅(新津ちせ)の5人暮らしだ。愛知県の豊橋ですくすくと自由に育っていた。

   音の学校では学芸会の準備が始まっていた。しかし、音は教師が決めた演目に納得がいかない。女子のクラスなのに「浦島太郎」だったからだ。音が多数決を提案して、演目は「竹取物語」に変わる。音は自分が「かぐや姫」役になれると思っていた。

   音「お父さん、お母さん、学芸会を見にくるでしょう?」

   安隆「ああ、絶対行く」

   妹の梅は竹取物語の本をくれるという。「主役やるなら、ちゃんと読んでおいた方がいいよ」

賢明な父は諭した「おじいさん役も大切だ」

   しかし、音に割り当てられた役はおじいさんだった。ショックを受けた音は、父に愚痴をこぼす。「おじいちゃん役は嫌か。音がかぐや姫じゃったら、おじいさん役は他の誰かがやるよな。その人が嫌々してたらどう思う?」と父は諭す。音は「しっかりしてって思う」

   安隆は「じゃろう。みんなが主役をやれるわけじゃない。主役だけではお芝居にならん。それを支える人が必ずいるんだ。今回は残念だった。でも、お父ちゃんは楽しみだよ」と力づけた。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中