2020年 7月 10日 (金)

歌姫・浜崎あゆみ誕生と大不倫を描く実録ドラマ「M 愛すべき人がいて」にネット大興奮!「チャラすぎて笑える!」「これ、ホントの話なの?」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   平成の歌姫・浜崎あゆみとエイベックスのプロデューサー松浦勝人氏のドロドロ愛憎劇をモデルにした連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)が18日(2020年4月)に始まったが、あまりにぶっ飛んだ展開に、ネットでは「コレ、ホントにあった話?」「芸能界ってこうなの?」と話題になっている。

「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日番組ホームページより)
「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日番組ホームページより)

   原作は、ノンフィクション作家小松成美氏による「事実を基にした」フィクション小説。浜崎あゆみがスターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、松浦勝人・現エイベックス会長との不倫の大恋愛を2人へのインタビューを元に書いた話題作。主役のアユを安斉かれん(20)、松浦氏をモデルにしたプロデューサー・マサを三浦翔平(31)が演じている。海賊のような眼帯姿の田中みな実がマサの秘書役で登場、嫉妬と裏切りで暴れまくり、主役カップルを食う存在感を示した。

濃すぎるキャラ、くさいセリフ、ベタな展開にツッコミ満載

   アユ役の安斉かれんはJ--POP歌手で、若き日の浜崎あゆみ(41)とルックスがそっくり。浜崎と同じエイベックス所属だから、本人のご指名なのだろうか。ただし演技力はイマイチだった。

   物語は、高校生のアユが芸能人になって家族の生活を楽にしようと福岡から上京。六本木のディスコのVIPルームでレコード会社のカリスマプロデューサー、マサが次のスターを探していると聞き、ディスコに出かける。多くの女の子たちとマサの前に並んだアユだが、女の子の顔だけを見て次々と切り捨てる傲慢な態度に、「神様ですか!」と食ってかかって......という展開。

   ネット上では、濃すぎるキャラ、くさいセリフ、ベタな展開にツッコミ満載。「笑いすぎて腹が痛くなった」と称賛する一方、「演技ひどすぎて内容が頭に入らない」とこき下ろす声まで賛否両論だ。まず、いやあ、笑えた~という声は――。

   「アユとかマサとか、チャラくて、軽~い主人公たち。ザ・90年代なバブリーなファッションに身を包んだキテレツな登場人物たちの濃ゆ~い演技がいちいち笑いを誘う。特に高島弟。この最悪のご時世に少しでも笑いが欲しい人は見て損しないんじゃないかな。上手くいけば化けるかも」

   「まずはこのご時世にオンエアできた強運がすごい。そして胃が痛くなるぐらい笑えた! 誰が見るのかと思っていたけどすごい。全員が笑わずにコントを演じてると思うとすごい。来週も見ます」

   「バブルっぽくてよかった。三浦さんがカッコよかった」

   「三浦翔平、高橋克典、高嶋政伸の共演はなかなか観られないので楽しみにしていた。特にこんな深夜番組(編集部注:夜11時15分~)に人気のある高橋克典、高嶋政伸さんが出演してくれるのは大変嬉しい。来週は水野美紀がアユを罵倒し水をぶっかける、クレイジーなスパルタ講師で出てくるというし」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中