2020年 11月 29日 (日)

「脳出血」「腎不全」「PTSD」...新型コロナに感染し、3週間意識不明だった有名外科医が「コロナ後遺症」の恐怖を語る

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   米コロンビア大学医学部外科教授で「とくダネ!」コメンテーターの加藤友朗医師(57)は新型コロナウイルスに感染し、3週間も意識不明のまま生死の境をさまよっていた。重篤状態を脱し、現在はリハビリ中だという加藤医師が、「脳出血」「腎不全」「PTSD」などのコロナウイルスの「後遺症」について警鐘を鳴らした。

   3月19日(2020年)、突然激しい筋肉痛に襲われた加藤医師。翌日、自宅待機中に38.7度の発熱があり、検査で陽性と判明した。25日、シャワーを浴びている途中に呼吸困難になり、入院した。翌日、一気に容態が悪化し気管内挿管をしたが、そこからの記憶は全くないという。

コロナの肺炎は急にきて、気づいたら人工呼吸器

tv_20200511120227.jpg

   「コロナウイルスの肺炎は急にくるのです。ハッピー低酸素症と言われ、低酸素状態でも症状があまり出ない。僕も(急変する)直前までテキストメッセージで麻酔科の先生に相談なんかしていました。そこから一気にボロボロで。この辺はもう覚えていないのですが、人工呼吸器を付けた数日後にはECMO(エクモ=人工肺装置)につながれました」(加藤医師)

   4月15日にようやく目覚めた後も、コロナとの戦いは続いた。「腎不全が残っていし、軽いクモ膜下出血もあって...。トータルで4週間入院して、そのうちの3週間は人工呼吸だから、びっくりするほど筋肉がなくなってしまう。最初は立つことも寝返りもできなかった」と加藤医師。喉が渇いてしょうがない症状も続いている。前触れなく急変した恐怖からPTSD(心的外傷後ストレス障害)にも悩まされている。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中