2020年 7月 4日 (土)

浜崎あゆみドラマ「M 愛すべき人がいて」再放送でカルト的人気大爆発!副音声解説でわかった「アユとマサの真実」「主役の大根演技も計算されていた?」

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   平成の歌姫・浜崎あゆみ誕生秘話と、エイベックスのプロデューサー松浦勝人氏(現エイベックス会長)とのドロドロ愛憎劇を描いたドラマ「M 愛すべき人がいて」の第1話が9日(2020年5月)に再放送された。

   新型コロナによって撮影が中断、ストックが切れたためだが、再放送ではリミックスバージョンとして「エイベックスオタク」を自任する社会学者の古市憲寿さんと、業界の裏話に詳しいタレントの伊集院光さんによる副音声解説でさらに盛り上げた。

  • 「M 愛すべき人がいて」のアユとマサ(テレビ朝日の番組ホームページより)
    「M 愛すべき人がいて」のアユとマサ(テレビ朝日の番組ホームページより)
  • 「M 愛すべき人がいて」のアユとマサ(テレビ朝日の番組ホームページより)

「M」はエグ~い演技の田中みな実のMなんだよ

   4月18日の第1話放送時は「チャラけすぎ!」「主役が大根過ぎて見ていられない」と悪評だらけだったが、その後、カルト的な人気が急上昇、リミックスバージョン再放送では、「主役の安斉かれんの大根ぶりはデビュー当時の浜崎あゆみそのままを模しているのでは!」とまでの称賛に変わっている。

   副音声の解説については「あの時代と、エイベックスを知るうえで大いに勉強になった。オマージュに満ちているんですね」と絶賛の声が相次いだ。

   「伊集院さんと古市さんの副音声が気になり見てみたら、もう面白くって!皆さんがこのドラマに感じている古くささとか、キャラの濃さとか、二人の解説が的確で本当に勉強になり、このドラマのことを更に好きになりました。古市さんが『appears』の歌詞について説明してくれたあとに歌詞を確認しましたが、ちょっと鳥肌がたちました。来週も副音声楽しみにしています!」

   「ケバイ感じの小室哲哉をモデルにした人が出てきますが、古市さんによると、(TRFの)『BOY MEATS GIRL』が、エイベックスの"社歌"なんだそうです。実際、エイベックス松浦勝人氏の家に水槽があって、サメとか飼っていたみたいですよ~など、エイベックスにまつわるプチトリビアを披露してくれて、いちいち納得しました」

   「伊集院さんが終始、マサの秘書・礼香役で出演する田中みな実の魅力を熱弁していた。田中みな実の"真面目さ"と"不器用さ"が両方出ていて、すっごい本気で真っすぐに演じていると。『Mは田中みな実のMなんだ』とも言っていた!田中みな実がウザくて大嫌いだったのですが、少し好きになりました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中