2020年 10月 20日 (火)

巣ごもり生活で人気の「人生ゲーム」が入手困難 いまだドル札が用いられる意外な理由とは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   外出自粛による巣ごもり生活で、ボードゲームの定番「人生ゲーム」が注目されている。人生ゲームは1968年に、米国で販売されていたボードゲームを翻訳して発売されたのが最初。その後も、世相を反映しながらリニューアルされ、スタンダード版だけで7種類の「人生ゲーム」が発売されている。

   スタンダード版以外にも「よしもと芸人人生ゲーム」や「人生ゲーム令和版」などの"派生版"がある。「よしもと版」の箱には芸人の似顔絵がたくさん載っていて、司会の近藤春菜は「私のイラストも入っていたみたい」と言うが、司会の加藤浩次は「オレは関係ない」と描かれていないらしい。

子供にリアルなお金のやり取りをさせたくない

tv_20200518122200.jpg

   最近の人気ぶりについて、発売元のタカラトミー広報によると「2月くらいから急激に需要が伸びており、売り切れが続出。現在は入手困難の状態」だという。

   初代が発売された12年後に2代目が発売されたが、そこまではアメリカ版の翻訳。83年発売の3代目から日本独自のものにモデルチェンジ。お歳暮や正月休みなど日本の習慣が取り入れられた。4代目は1990年発売で「リハウス」「株の大暴落」「東京ドーム」などが取り入れられ、97年発売の5代目には「携帯電話」「インターネット」「フリーター」「就職氷河期」などが反映されている。

   加藤「それぞれの時代に合わせて生き延びたんですね」

   春菜「それぞれの時代を振り返るのも面白い」

   実は人生ゲームには謎がある。「お金がドル札のまま」なのはなぜか。子供にリアルなお金のやり取りをさせたくない親心を鑑みて、だという。

   昨年発売された令和版では、人生ゲームの象徴だったお金や職業、決められたコースがない。その理由は、世間に影響を与える「インフルエンサー」を目指すからで、より多くのフォロワーを獲得したプレーヤーが勝ちとなる。

   加藤「フォロワーの数で人生が決まっちゃうんだ」

   元テニスプレーヤーの杉山愛「いやぁ、恐ろしいですね」。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中