2020年 11月 29日 (日)

これではまだ来ないわけだ!10万円給付金の窓口が大混乱、オンラインなのに読み上げるとは

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   国民1人当たり10万円の定額給付金だが、振込み作業がなかなか進まない。遅れの原因は入力情報の誤りなどで、担当する自治体職員は悲鳴をあげている。

   東京都品川区役所では、2人1組でオンライン申請を読み上げ、声出し確認をしている。ミスの修正作業も多く、1日の処理数は350件ほどだという。東京都八王子市では、入力情報に誤りが多いとして5月25日(2020年)からオンライン申請を停止、郵送申請に一本化した。

コピーではなく、キャッシュカードの現物を送ってくる人も

tv_20200526105843.jpg

   郵送申請にもミスが多い。東京都練馬区役所でも100人体制で処理にあたっているが、受付を開始した5月15日(2020年)から、毎日万単位で申請書が届き職員は休日返上。大木裕子管理課長によると、申請書の記入ミスはもちろん、キャッシュカードのコピーではなく、カードそのものを送ってくる人もいたという。

   氏名右側のチェック欄は、給付を希望しない人がチェックする。間違いやすい問題点になっていて、自治体によっては「不要」の欄がないところや、品川区のように「希望」「不要」の2つの欄を作っているところもある。

   申請書の裏には、キャッシュカードや通帳のコピー添付欄があるので、こちらも忘れてはいけない。

   キャスターの立川志らく「私は練馬区民ですが、申請書もまだ来ていません。『不要』のチェック欄があるが、要らない人はもらってから寄付をすればいい」

   鴻上尚史(作家・演出家)「配りたくないのではないかと邪推したくなる」

   西村博之(2ちゃんねる開設者)「(品川区ではオンライン申請を)人がわざわざ読み上げていましたが、発展途上国のよう。パリの場合は税務署の申請窓口がオンラインにあって、そこに申請するともらえる仕組み」

   鴻上尚史(作家・演出家)「デジタルでできると思うんですけど、何年かかるんだろう。もっと賢い人がシステムの構築できないのかな」

文・みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中