2020年 7月 14日 (火)

日台共同制作ドラマ「路(ルウ)」に賛否大激論!「プロジェクトXを期待したのに3ツ股女の浮気話」「台湾イケメンが超ステキ...恋の行方にドッキドキ!」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   日本と台湾の公共放送局が共同制作した話題のドラマ「路(ルウ)~台湾エクスレス~」(全3話)が5月16日からNHKでスタートしているが、ネットでは激しい賛否両論が起こっている。

   「台湾新幹線プロジェクト」の軌跡を縦糸に、日本人と台湾人の心の絆を描いた吉田修一の原作小説「路(ルウ)」を、NHKと台湾の公共放送局PTSの共同制作でドラマ化した。

  • 「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」(NHKの番組ホームページより)
    「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」(NHKの番組ホームページより)
  • 「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」(NHKの番組ホームページより)

日本の婚約者と台湾美青年の間で揺れる9年越しの恋

   台湾に新幹線を走らせる日台の技術者たちの苦闘を描いた骨太の社会派ドラマだと思って見たら、3組の男女の恋愛模様と1組の高齢男性の友情を描いた人間ドラマであることに「期待が裏切られた」という声が多いのだ。

   物語は――1999年、入社4年目の商社社員・多田春香(波瑠)は台湾高速鉄道のプロジェクトの一員として台湾に出向する。春香には大学時代、初めて台湾を訪れた夏の切ない思い出があった。エリック(アーロン)という台湾人青年と偶然出会い、たった一日だけ台北を案内してもらったが、その後連絡が取れなくなっていた。春香には名古屋に婚約者がいた。エリックへの思いを封印したまま、台湾に赴任すると......。

   このほか、妻子を日本に置いたまま台湾人ホステスと恋に落ちる日本人駐在男性、日本人の子を育てる台湾人シングルマザーに恋をする台湾人青年、戦時中、ともに旧制台北高校に学びながら台湾人の親友を「二等国民」と呼んでしまったことを悔いている日本の老人などの物語が同時進行していく。

   まずは「良かった」というネット上の声から。みんな「恋愛ドラマ」として楽しんでいる人が多い。

   「昔、台湾高速鉄道の試験に事務的に関わった者として、懐かしく思いました。ただしドラマでは恋愛に注目しています。やはりエリックと春香が結ばれてほしい。2人が会えなかった8年に別の恋人ができたこともわかります。でも、エリックへの気持ちはもっと熱いもの。彼への気持ちを偽って婚約者と結婚するほうが不誠実。どう見ても、エリックのほうが魅力的です。あんなにハンサムで一途に思ってくれる男性いませんよ!井浦新さんが疲れた中年の寂しさ感を出ていて、とてもいい。こちらも奥さんよりはキレイで優しいホステスのユキさんに惹かれちゃうのはわかります」

   「男性視聴者ですが、最近のドラマの中では一番楽しめています。台湾新幹線開通を絡めたストーリーは少し荒い展開ですが、婚約者と台湾人男性との間で揺れる波瑠。どうなるのだろう、と期待しながら観ています。何となく結婚していく男女が多い現実を考えると、本当に好きな人と一緒になって欲しい。ちなみに台湾の友人に聞くところによると、日本人と付き合ったり、結婚したりする事は結構皆から羨ましがられるそうです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中