2020年 11月 29日 (日)

あなた「コロナ鬱」になってない?「ボタン押せない」「手すり持てない」でパニック障害

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コロナ鬱が広がっているらしい。おりたメンタルクリニックの織田宗太郎院長は「不安症状を訴える人が増えています。最近は毎日、コロナ鬱症状の人が10人ほど来院しています」とはなす。

   どんな不安症なのか。「共同の扉を素手で触れない」「バスの降車ボタンが押せなくなった」「スーパーで商品を手に取って戻す人が多くて、それが気になる」「エスカレーターで手すりを持てない」「買ってきたものを一度洗ってから冷蔵庫に入れないと気がすまない」「夫は玄関で全部服を脱がせ、シャワーを浴びてもらうようになった」などだ。治まっていたパニック障害の症状が再発してしまった人もいる。

専門家「ウイルスは触っても感染しません。あとの手洗いが肝心」

tv_20200528131133.jpg

   司会の加藤浩次「徹底的に努力しているというのは悪いことじゃないんですけど、不安になりすぎてしまうんでしょうね」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「不安との付き合い方は難しいですよ。僕自身も手すりを持てなくなっています。元の生活に戻れないと悲観的になってしまうと、さらなる鬱になってしまう」

   日本感染症学会指導医の水野泰孝医師は「こういう方が多いのにびっくりしています。家からまったく出ない人や、眠れなくなってしまった人もいます。オンライン診療をした人の中には、買い物に行くと感染してしまうのではないかという人もいます。間違ってはいけないのは、新型コロナウイルスに触っても感染しないということです。皮膚を突き破って侵入してくることはなく、あとから手洗いすれば感染しないことを忘れないでほしいです」と訴えた。

   加藤「仮に手にウイルスがついても、口や鼻、目を触らなきゃ大丈夫なんですね」

   水野医師「逆に、消毒ばかりすると手荒れを起こし、その傷から入るリスクが出てきます。そのへんも注意してください」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中